人生、健康、仕事、スポーツの悩み相談 酒井 茂宏(さかい しげひろ)のサイト 愛知県弥富市にある治療院、パーソナルトレーニングジム、元気づくりジム、名古屋 他県からも多数ご来店、膝肩腰の痛みを改善、あなたの健康をコンサルティング、コーチング、カウンセリングルーム、鍼灸施術、オンライントレーニング指導、アスレティックリハビリテーション、ヒプノセラピー、前世療法、催眠療法、インナーチャイルドの癒し、イメージトレーニング、NLP、LABプロファイル、企業、キャリアコンサルティング、セミナー、ワークショップ、トレーナー養成、トレーナー・治療家募集 各種スポーツチーム 陸上競技、BMX、テニス、サッカー、野球

人生の健康度を高め、快適にする方法

  • HOME »
  • 人生の健康度を高め、快適にする方法

本日は、なかなか良くならない慢性的な痛みに困っている方も

これから、そういったことに悩みたくない方にも役立つ内容をご紹介いたします。

内容を知っているかどうかで、

人生を健康で、より快適に過ごせることに繋がります。

「人生の健康度を高め、快適にする」

こうしたことにご興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

↓↓↓

あなたは今、自分の人生において、心身ともに満足していますか?

または、将来において、満足できそうですか?

 

もしも、いまこういうことを一つでも感じているのなら

・なかなか改善されない痛みがある

・痛くなったり良くなったりを繰り返している

・夜寝る前になると、何故か痛くなる

・ある仕事になると、何故か痛くなる

・あの人の前になると、何故か痛くなる

・ちゃんとケアをしたのにもかかわらず、痛くなる

・身体を休めても痛くなる

・仕事から帰って落ち着いた途端に痛くなる

もしかすると、あなたのその痛み潜在意識”がしている可能性があります。

 

潜在意識とは、自覚できない意識のことで、無意識化の領域、記憶や感情、直感、想像力といったものを司どっています。

そして、それに対するものとして、顕在意識というものがあって、通常私たちが自覚できている意識のことで、理論的な思考や理性、意志・決断力といったものを司どっています。

潜在意識は、顕在意識3%~10%に対して90%~97%と意識の大部分を占めていて、意識の強さは顕在意識よりも潜在意識が勝ります。

ですから、顕在意識でどんなに頑張ろうとしても、潜在意識の中に「どうせ無理だろう」というものがインプットされていたりすると、潜在意識が強く勝るわけですから、失敗したり、途中で挫折したりしてしまうのです。

 

そこで、あなたに現れている痛みが顕在意識による痛みであったなら、それは、原因がハッキリしているので、治すことはさほど難しいことではないかと思います。

例えば、力仕事をして、次の日に腕と肩がパンパンになっている。

運動不足なのに、猛ダッシュすることがあって、筋肉痛がある。

といったような時は、どのような対処をすればよいか分かりますよね。

 

しかしながら、無意識化にある記憶や感情といった潜在意識によって痛みが出ているとしたら?

実は、この潜在意識がつくり出した痛みは、無意識が故、原因がなかなか特定しにくいのです。

 

それって困りますよね?

では、その原因が分からない痛みをどうしたら良いのか、これから2つの方法をお伝えしていきます。

ちょっとお待ちくださいね。

2つの方法をお伝えする前に、もう少し、潜在意識のよる痛みの発症メカニズムを簡単な例を出して説明していきます。

 

あなたにこんな経験はございませんか?

とある緊張する場面、代表で前に出て発表するような場面であったり、何かの試験当日の緊張感、あまりにも緊張しすぎて、お腹痛くなったこと。

それから、毎日のように上司から嫌というほど、あれこれ言われて、仕事で困っているときに、頭のこめかみ辺りが痛くなったりすること、ありませんか?

これらは、別にお腹やこめかみの辺りにある筋肉や靭帯に傷が付いていているわけではないのです。潜在意識の感情というところから紐づいて出てきた痛みになるのです。

衝撃的な感情であったり、感情が長期間続いたりすると、身体に痛みとして現れるのです。

そして、昔の経験で、衝撃的な感情を引き起こした出来事があるという「記憶」があるという場合にも反応します。

 

感情・記憶⇔脳⇔身体(各それぞれ)

 

このように人間は、潜在意識の感情や記憶という部分から痛みを出すということが科学的にも証明されていて「どんな感情が、身体のどこに痛みを出すのか」というのについても研究が進んできているのです。

 

自分の中で押さえつけている感情は何か

1.自分の内面に目を向ける

そもそも痛みは、私たちに危険を知らせてくれる大切な警報装置なのです。

私たちに知らせたい事があるからこと、痛みを発して教えてくれているのです。

そんな痛みは、潜在意識からのメッセージがたくさん込められているのです。

「この痛みは、自分に何を意味しているのだろうか?」

と自分に聞いてみてください。

一回では無理でも、何度も繰り返し聞いてみてください。

コツは、思考で考えるのではなく、なんとなくの直感です。

そうすると、自分必要だった感情は何だったのか、なんとなくわかってきます。

 

2.感情を解放させる

問題の感情が何なのかが、なんとなく分かったら、あとは感情を解放させていきます。

感情は問題とは言いましたが、実はその感情は、自分を守るための防御反応として出てきた感情であって、悪いものではありません。 

ですから、まずは感情を承認することで解放していきます。

「これまで〇〇〇の感情を持つことにより、何を得ようとしたのか?」

と自分に聞いてみてください。

 

一回ではなく、何度も繰り返し聞いてみてください。

大事なポイントは、得るものは「肯定的な言葉」であることです。

その肯定的な目的を十分に承認し、肯定的な目的に感謝しましょう。

感情を解放できていると

痛みもなく、気持ちはすごい楽になりますよ。

 

自分一人でできる方法をお伝えしましたが、どうしても一人では難しい場合は、ヒプノセラピーを使って潜在意識にアクセスして変容させることが一番簡単です。ご希望の場合は、ヒプノセラピーをお試しください。

 

それでは、次回もお楽しみに!

では、また! 酒井茂宏

お気軽にお問合せください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

所在地

愛知県弥富市鯏浦町南前新田123
ウィングプラザパディー
アクセス

 

無料会員登録をする

Re:coサービスをご検討の方、購読は無料、まずはお気軽にご登録下さい。
(配信解除は配信されるメールマガジンより行なえます)
既にご利用の方も、フォローアップサポートにご利用いただけます。

最新情報を受け取りたい方は、こちらからメールマガジンにご登録下さい!

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © Re:co Total Conditioning Center All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.